きものお手入れのご案内


ホーム > きものお手入れのご案内

きもの丸洗い
きもの部分お手入れ
きもの部分補正
きもの洗い張
バッグ・靴お手入れ
きものお手入れのご案内

きものお手入れのご案内

一度だけ着た着物でも長期間タンスにしまっておくと、カビや変色などで高価な着物が台無しになってしまうことがあります。そうなる前に早めのお手入れをおすすめいたします。

お客様トクトク情報

簡単なお手入れ方法

長期間タンスに保存すると裏地が湿気のためにカビてしまったり、黄色くなってしまいます。大半の着物は袖を通さず、タンスにしまっているうちに糊カビが発生し、せっかくの着物をだいなしにしてしまいます。この方法で収納するとほぼ完全に防ぐことができます。是非あなたもやってみてください。

カビない収納手順

●STEP:1
裏地(内側)の袖に障子紙を切って入れる
●STEP:2
身頃部分にも障子紙を入れ、上身頃を揃える。
●STEP:3
表地の間にも障子紙をはさみながらすそのほうから上に折り上げる。
●STEP:4
さらにもう一度、障子紙をはさんで折り上げる。
●STEP:5
防虫剤を入れと乾燥剤を入れて収納すれば、あなたは着物のカビとさようならできます。

※着る時も障子紙がクッションになり、タタミじわになりません。

カビない収納手順イメージ

洗い張り、紋入れ、ガード加工など着物のことなら何でもお任せください。和服専門工場ならではの確かな自術で、ベテランスタッフが誠心誠意丁寧に皆様のお着物のお手入れをさせていただいております。